花あそび2

  • 2017.05.09 Tuesday
  • 08:05

JUGEMテーマ:気になるご飯やさん

 

だいぶ前に紹介した食事処「花あそび」ですが、当時の携帯電話が、現地到着まもなく電池切れで写真がまともに残せなかったので、今回何年かぶりに再訪してきました。

 

奥多摩の目立たぬ場所で、まともに宣伝もせず、継続的に経営できているというのが不思議なのですが、閉店してないことが確認できてほっとしました。前日までの予約制ですが。

 

 

十台は駐まれる駐車場には、平日だけに他に車は無し。

 

前回と同じ頃の、春真っ盛りの昼間。

 

全体的に純和風旅館の風情です。

 

玄関には立派な五月人形。

 

経済評論家の森永卓郎を童顔にしたような男性が出迎えてくれました。

 

前回の失敗を懲りて、まず店内の写真を撮りまくりました。

 

玄関の右奥の部屋が、以前使用したところ。

その部屋の内装。各部屋に工夫がされているようです。

 

玄関から左に行ったところ。

 

他に客はいなかったので玄関から丸見えだが、ここでも食事ができるのでしょう。

区切ってありますが、大部屋にも変えられるもよう。

 

中庭です。

一流料亭といった感じです。

 

そろそろ自分たちの部屋へ。

 

前回も書きましたが、完全予約制で、メニューは¥3780(しゃが)、5180(みずひき)、6000(つゆ草)の会席料理3種のみ。

 

大食いの私は、「つゆ草」で、妻は「みずひき」にしました。

いわゆる雅の世界です。この日はまだストーブが置いてあり、どかして撮影。

 

部屋からの眺め。

 

JR青梅線の車両が見えますが川井駅からは、300mちょっとの距離。

 

天井も高級旅館並み。

 

一つを拡大しました。

 

前菜です。三種のコース共通でしょう。

 

置いてあるメニューは飲物のみ。

 

これが「つゆ草」。

天ぷらが後から出てきます。

 

こちらは妻の分で「みずひき」。

 

「みずひき」で、お椀のふたを開けてみました。

 

デザート。

水菓子?

 

食事内容に関しては、天ぷら以外は作り置きという感じで、松花堂弁当を豪華な入れ物に入れて出しているといったところでしょう。味そのもののレベルは高くなく、雰囲気第一。鈍い私が偉そうに書きましたが、妻が一緒だったので。

 

この日の食後は、青梅街道を戻って、ツツジの名所に向かいました。

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

楽天はあなたのお好みを表示します

アンケートに答えて、0円で手に入るお得な情報

Amason パソコン・周辺機器

MicroAd

宿の予約で、ポイント貯まります

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

南京の実相―国際連盟は「南京2万人虐殺」すら認めなかった
南京の実相―国際連盟は「南京2万人虐殺」すら認めなかった (JUGEMレビュー »)
日本の前途と歴史教育を考える議員の会
決定版です。誰も反論できないでしょう

recommend

マンガ日狂組の教室−学校が危ない!! (晋遊舎ムック)
マンガ日狂組の教室−学校が危ない!! (晋遊舎ムック) (JUGEMレビュー »)
大和 撫吉
たとえ子供がいなくても、日本の癌は絶対に許せません

recommend

recommend

森修焼 旨陶マグカップ
森修焼 旨陶マグカップ (JUGEMレビュー »)

普通の陶器が健康に悪いって知ってました?上薬に重金属を使ってます。しかしこの森修焼は逆に健康にいいんです。食物の味もよくなります。

recommend

シャワーヘッド ウォーターセラピー《素粒水(記憶水)》【ポイント10倍+選べるプレゼント】 ご希望のサンプルプレゼント中!
シャワーヘッド ウォーターセラピー《素粒水(記憶水)》【ポイント10倍+選べるプレゼント】 ご希望のサンプルプレゼント中! (JUGEMレビュー »)
どうせならお風呂の水も、シャワーの水も最高のにしましょう。風呂場などで、蒸気の塩素を吸うと、飲むより有害なのですよ。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM