スポンサーサイト

  • 2017.01.02 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    とうふ屋うかい@八王子

    • 2016.04.15 Friday
    • 18:34
    JUGEMテーマ:気になるご飯やさん
     西東京にある料理屋の至宝「うかい鳥山」に始まる、八王子自慢のうかい三兄弟の末弟、私が10数年前に初めてうかいを知るきっかけになったのが、甲州街道の八王子入り口にある「とうふ屋うかい」。
    鳥山や、竹亭と比較するとやや廉価で小規模。

    八王子が地元のユーミンさんも好きだという。

    町中にあるのですが、そこは異空間といいますか、タイムスリップした気分になれます。
    江戸時代の町並みがテーマになっているようです。








    早速お土産屋です。食事は土日祭日が11時からなのですが、お土産処は10時半からやってます。
    豆腐類は早めに買わないと売りきれます。買い物だけも可能のようです。

    この日は平日だったので後で買うことに。

    フロントの前にもちょっとしたお土産売り場。

    この日はちょうど桜が終わった季節。

    夏はゆかた祭りをやったりするらしい。

    木造の二階席もいいですが。


    どこもきれいな庭が見えます。


    個室料金は取られないらしいので、早めに予約してみては。ネット予約もできます。

    最初にお品書きです。
    これは季節のランチ。

    普通はコースを選択しますが、全員同じものを選ばねばなりません。これが唯一残念なところ。

    名物豆水とうふコース」が基本です。
    どれも季節に合わせた内容になります。
    以前は金属のバットで、豆乳を煮詰めて、自分で湯葉をすくうコースもあったのですが。まれに限定で復活するようです。







    生ビールも飲めます。他のうかい鳥山や、竹亭ほどではないですが、雨の日など食事を運ぶのは大変です。

    この日は、「鶏とお揚げの春菜鍋コース」にしました。

    眺めるだけでも優雅な気分。ちらし寿司、タケノコの天ぷらなど。

    串焼き。麩、がんもどき、油揚げ、田楽。

    辛子をつけていただきました。

    豆腐は是非、塩でお食べください。甘さと濃厚さに感動しますよ。普通の醤油では、豆腐のうまみがわからなくなってしまいますが、下の写真左にあるうかい特製の醤油(うかいの板さんが開発と)でもいいかもしれません。豆腐のおいしさを活かすように作られています。

    大食いの私は、焼き鳥を追加。

    お鍋です。

    さっぱりしたこれらが最高でした。

    食事として最後はうどんを鍋に入れます。


    早食いですから、水菓子が出る前に、周辺の散歩に行きました。
    これはフロントの裏。

    後ろの方にはトイレ。








    少し戻って、お土産処の前に小さな休憩所。

    夏はお茶ですが、そのほかの季節は甘酒がただで飲めることが多い。

    これまたおいしいんです。
    赤い橋を渡ると御稲荷さんがあります。

    本物の神社です。

    キツネは油揚げが好きといわれてますが。
    ちゃんとおみくじも引けます。


    市街地にかかわらず、名水が湧いてるんです。

    これがあるから、ここに豆腐屋を造ったんです。
    とりあえず席に戻って甘味を。

    レジの横には縁起物も。

    帰りにお土産を買いました。

    豆腐は二種あり、大きさも大小等あり。

    竹筒入りは、ほんのり竹の香りがすることもあり。

    他の豆腐が食べられなくなります。

    とうふ屋うかい芝公園店は、ミシュランの星をとったようですが、こちらだって負けてません。

    #とうふ屋うかい大和田店
    東京都八王子市大和田町2-18-10
    地図
    Tel.042-656-1028(HPからも予約できます)
    営業時間/平日 11:30 〜 21:30 土・日・祝日 11:00 〜 21:30
    (L.O 20:00)定休日/月曜日(祝日の場合は営業)、年末年始
    おいしく優雅に健康的度:★★★★★

    福生のビール小屋 with ワンコ(夏)

    • 2016.04.07 Thursday
    • 07:54

     以前紹介した、おいしい生の地ビールを飲みながら、和食を楽しめる酒蔵の食事処「雑蔵」ですが、石川酒造の広い敷地内には、洋食の店もあります。

    それが、レストラン「福生のビール小屋」です。
    車でしか行ったことない(もちろん帰りはアルコールが飲めない妻が運転)ですが、JR青梅線「拝島駅」から徒歩10分くらいらしい。

    和食派なので、洋食屋に行くことはあまりないのですが、普通の洋食屋、フランス料理、イタリア料理店の区別くらいはできます。
    ここは内容的に、イタリアンだと思われ、イタリアンレストランと紹介されたりしますが、なぜか公式には曖昧。

    オープンテラス(最大40席)では、予約すればペット同伴OKらしい。犬猫

    風情ある石川酒造の庭の奥にあります。
    看板
    この日は真冬で、オープンテラスは閑散としてました。
    オープンテラス
    調べたらオープンテラスは夏だけらしい。この地域寒いしね。

    店内には大きな薪ストーブ。
    ストーブ

    HPのメニューから生ハムのグリーン・サラダだったかな?トマトと生ハムのサラダに見えますが。詳細を忘れてしまいました。
    サラダ

    福生産ソーセージの盛り合わせ。これは当地で有名な、大多摩ハムと思われます。ここのレストランも実は人気。
    ソーセージ
    通常使用される豚肉は、8割くらい支那産らしい。支那では病死した豚の肉で作られたソーセージが問題になってると。
    大多摩ハムなら安心

    和食党の私でも、ビールにはこちらの方が、一般的には合うと思います。

    季節の魚(スズキだったか)のカルパッチョ?汗 食いしん坊の割には、料理について無知なもんで。
    カルパッチョ

     厚い生地のピザ・マルゲリータですよね?この程度は私も覚えてきた。
    ピザ
    薄い生地だと食べごたえがないしね。

    鴨胸肉のロースト? 牛や豚は普段食べないから。
    ロースト肉

    きのことアンチョビのトマトソース?
    パスタ

    ずわい蟹と茄子のペペロンチーノ(私の知っている二つのイタリア料理の一つ)
    ペペロンチーノ

    私はアメリカ系の食事類で唯一好む調味料がタバスコ
    タバスコを置く店は、洋食屋とみなされてしまうのか、この店にも置いてませんでした。マイ・タバスコを持ち歩くほど洋食は外で食べないし。

    カリフラワーとモルタデッラのクリームソース? あいまいでゴメン。


    ビールは当然文句なしで、私が言うのもなんですが、料理のレベルも高いです。シェフは元5星ホテル出身と。
    私はどちらかといえば、雑蔵を選びますが。

    何やら労組との争議が起きてるらしい。

    #レストラン「福生のビール小屋」
    東京都福生市熊川一番地
    TEL/FAX : 042-553-0171
    営業時間 : 11:30〜21:30(L.O 20:30)
    定休日:(最近変更になりました)2016年3月より月曜日・火曜日定休(祝日をのぞく)隔週金曜日 17:00より営業
    地図
    ビヤレストランとして文句なし度:★★★★✩

     

    井中居@青梅

    • 2016.04.06 Wednesday
    • 08:38

     以前炭火焼と山里料理のお店「黒茶屋」を紹介しましたが、他に姉妹店が二件あり、今回はその一つである、かいせき・しつらえ「井中居」を紹介します。

    秋川渓谷の自然と融合した黒茶屋ほど広くはありませんが、明治初期の建物を改装した、高級料亭そのもののたたずまいがあります。訪問から数年以上たってしまい申し訳ありませんが。
    入口
    当時子供はまだ幼く、大人が食べ続けている間、自然あふれた庭で遊んで時間を過ごせました。

    1Fは「しつらえの間」だそうで、陶器類が展示されています。「しつらえ」とは、日本の古来からの空間構成の方法として私達が潜在的にもっている、空間デザインの作法のことだそうです。おもてなしの一環でしょうか.
    しつらえ
    贅沢な空間の使い方ですね。

    無粋な私は陶器を見てもわからない。合成樹脂の容器よりは風情があると思いますが、実際食器として使用する場合は問題もあります。表面に鉛やカドミウムが含まれていて健康的ではないのです。プラスチック容器と比較して、アサリを入れておくと早く死ぬという。
    それに対して私の家庭で愛用しているのが「森修焼」。健康的で食事もおいしくなるという。多分にオカルト的要素もありますが、健康オタクの標準装備品。まずは明らかに有害なものを避けるのが大切。

    いきなりケチをつけてすみません。

    食事は(懐石?会席?)コースのみで、この日は「紅梅」〜「山桜」?
    昼食のみの、¥4500「笹」が最廉価。別に子供用料理有。

    とりあえず前菜です。
    前菜
    見栄えも味も最高ですね。

    造里。
    造里

    焼物。山女魚だったかな。だったか?
    焼物
     
    椀物。
    椀物

    御食事は栗おこわ。朴葉で包んであるようです。
    食事

    水菓子。
    水菓子

    内容的には文句なし。

    健康オタクの戯言はどうしようもありませんが、唯一不満を言いますと、男女のスタッフが黒いスーツ姿で、なんとなく緊張感を強いられて、リラックスできませんでした。日本的なおもてなしの方が性に合ってるので。

    アルコールには力を入れていないようで、生ビールも無かった気がします。(後で記憶違いと分かりました)

    一般的に予約が必要だと思います。ご飯

    #かいせき・しつらえ井中居
    東京都青梅市藤橋2丁目32
    Tel.0428-30-1661
    営業時間 11時〜15時(受付)、17時〜20時(受付)
    定休日 平日の火曜日
    地図
    ややかしこまった席に向いてる度:★★★★✩

     

    矢印その後の訪問記事はこちら

    雑蔵 for ビール好き

    • 2016.04.05 Tuesday
    • 07:10

     地ビール好きな私がですが、お勧めの食事処として、福生市の酒蔵、幕末(文久3年)からの老舗、多摩自慢で有名な「石川酒造」の敷地内にある、和食・そばの「雑蔵」があります。
    蕎麦屋と紹介されがちですが、ビールやお酒を飲みながら、おいしい食事をするところです。

    20年以上前か、AMラジオのCMで、「た〜ま、たまたま、たまじまん〜」と歌が流れていて、おそらくここのコマーシャルだと思うのですが、店の人に聞いても、若かったせいか不明でした。誰か教えて!

    立派な門構え。
    門
    入って左側にお土産屋「酒世羅」(無休)が見えます。なかなか手に入らない、地ビール「多摩の恵」各種が入手できます。もちろんさらに入手困難な季節限定の地ビールもある。多くは酵母入りです。私はこの酵母を重視しています。
    門の左側の棚では、地場野菜が売ってることもあります(H28.夏には、棚が無くなっていた。)。別会社石川農園で、有機栽培の野菜類を作っているらしい。

    ちなみに、大手などの通常のビール造りで破棄される、ビール酵母を使用したサプリメントとしては、昭和初期から発売されているエビオスなどが有名。

    さらに関連事項として、酵母を加工して改悪(不純物が混入?)したのが酵母エキスらしい。たいていのコンビニなどの加工食品に含まれているようです。

    老舗ですから、四千坪あるという敷地内を歩くと意外と楽しめます。
    古木

    酒蔵だったか、予約すれば見学もできます。左隣にお土産屋。
    酒蔵
    玉川上水の水を使用していたんですね。今はもっと深い地下水を使用。

    中門でしょうか、酒蔵でよく見る杉玉がこちらにもぶら下がってます。奥は社長の自宅?
    中門
    本来外から見えるとこにつるし、新酒ができたこと、お酒の熟成度合いを示すものですね。


    釜の様な物もあります。
    鍋?
    組み上げた水をためる樽でしょうか。
    樽

    赤いポストは飾りで、利用はできません。

     

    それでは雑蔵へ。同じ敷地内には、洋食レストラン(主にイタリアン)もありますが、和食の方が人気ある。土日は予約が必要かな。平日夜でも入れないこと有。
    雑蔵
    元来ここは土蔵でした。
    店内
    外が見える明るい席が良ければ、手前側(テラス席?)になります。

    季節のおすすめ。コース料理もあります。
    おすすめ
    中心周囲の料理が光って読みずらいですが、いわい鶏から左が、真子鰈の燻製、鮪竜田揚げ、石鰈の煮つけ。

    もちろん、私の主な目的は最高の地ビールが生で飲めること!!ビール数種類あります。
    ビールの写真はいいでしょう。

    大根とじゃこのサラダ。
    サラダ

    ほろほろ鳥の塩焼き
    合鴨

    季節料理・きのこ天婦羅盛り合わせ
    天婦羅

    御造りは品切れになることが多い。
    造里

    いわい鶏幽庵焼き八幡巻か。幽霊焼きかと思ったのに。
    ホロホロ鳥の塩焼き

    季節限定の、まぐろの竜田揚げ。
    まぐろ竜田揚げ

    料理は全部同じ日に食べたわけではないと思います。

    最後はとろろそば。
    ざるそば
    専門店と比較したらかわいそうですが、悪くないです。

    妻の温かい肉そばだったか。
    肉そば

    全般的に、酒の肴としては贅沢でしょう。ピース

    お土産には各種ビール。18時には閉まるので、食事前に買いましょう。米国のスーパーでも売ってるらしいですね。
    ビール各種
    季節物新発売

    最近は新製品「TOKYO BLUES」が人気(増産され、私好みのビールが減産になってるうれし泣き)で、店内では瓶ではなく生で飲めますが、若干苦みが強い。酵母が生きているタイプではないようなので、私は好んで飲みません。

    一番上の写真で右端以外は、酵母入り。私の一番の好みだったのはミュンヒナーダークで、どちらかというと苦み控えめが好きなのだが、今は癖のある甘みが気になる。次はペールエールヴァイツェンは小麦使用で、わずかに白濁。ピルスナーは平凡な感じなので好まなかったが、今はこちらの方が好き。比較的入手しやすいのが、ボトルコンディション。酵母入りなのに、ペールエールを瓶の中で二次発酵し、熟成しておいしくなり、冷暗所で長期保存可能という不思議なビール。写真右端の「明治復刻地ビール」は、日本で一般的なラガービールと対をなすエールビールだそうですが酵母無し。メルツェンは季節限定。写真に無い、3月限定の、ベルジャンウイットは、ハーブのコリアンダー(漢方でいう胡荽子で、健胃作用などあり)が入ってる。これも季節物の、ブルーベリーエール(写真中の左、味は好みでない)というのもあり(立川産無農薬ブルーベリーを使用しているらしい)、これらも滋養があるので飲みます。下の写真右は4/7新発売のケルシュスタイル:「フルーティーに仕上がる上面発酵酵母を使いながらも、スッキリと仕上がる下面発酵並みの熟成手法で造られた」。発売当日購入しましたが、まだ飲んでません。
    「多摩の恵」、最高です!今の社長夫人の名が恵と。

    他の酒蔵からは、本業の日本酒が・・・と、批判されてましたが。汗 ちゃんと金賞だってとってます!
    酵母入りのビールは、賞味期限が短く、冷蔵保存で、ほとんどの一般的な酒屋では手に入らないので、商売になるのでしょうか。上記の酵母無しTOKYO BLUESを主力にするのか。しかし頑張ってほしいものです。

    #雑蔵
    東京都福生市熊川一番地
    TEL/FAX : 042-530-5057
    屋内約60席
    営業時間 : 11:30〜21:30(L.O 20:30)
    定休日 :2016年3月より水曜日・木曜日定休(祝日をのぞく)隔週金曜日 17:00より営業
    地図
    拝島駅南口より、タクシー約5分。徒歩約15分
    もちろんビール好きが喜ぶ度:★★★★★

     

    続きを読む >>

    ままごと屋 for 日本酒好き

    • 2016.04.04 Monday
    • 07:58

     日本酒は普段あまり飲みませんが、地酒は個性的なイメージがあるので、それなりに楽しみます。
    東京では、さすがに23区内では一つだけしか酒蔵がありませんが、三多摩地域には以外にあるんですね。
    下町育ちの江戸っ子にはあまりなじみがありませんでした。

    その一つ、青梅にありこの地域では比較的有名な、清酒「澤乃井」の小澤酒造。沢蟹がトレードマーク。

    今回の記事は、そこにある直営料亭・ゆば会席の「ままごと屋」を紹介します。
    豆腐を売りにしていますが、豆腐好きの私にも、通常の会席料理の店というイメージでしたが。

    多摩川の清流わきに、庭がオープンテラスになています。清流ガーデン「澤乃井園」です。売店もあります。
    他にも美術館やらいろんな施設があります。
    テラス
    軽食がとれます。お酒も飲めるようです。お土産として売られているのを飲むのかな?
    テラス席
    あずまやで清流を眺めなら一杯やれたら良いですよね。
    なんと地ビールもおいてあり、「昼間から沢井あたりで飲むビール さわびー」と、イケてる名の2種。
    以前紹介した、無門庵カミカゼビールのOEMです。わさびのビールかと思いました。

    テラスのはずれにある建物内の「きき酒処」では、有料ですが、10種類のお酒飲み比べできます。

    やっと席に着きました。
    大部屋

    主に大部屋で、個室は4室。
    だいぶ前なので、内容は忘れてしまいましたが、「楓コース」¥5400だったと思います。
    食前酒や、柚子ジュース、豆乳おぼろ豆腐、先付けでしょうか。残念ながら、ビールは大手の瓶のみ。さわびーが飲みたかった。
    先付け

    おからポテトサラダ。
    先付け
    内容をよく見ると、豆腐類が多いんですね。

    うの花茶巾、白和え、ぎせい豆腐 小雪ちゃん(雪だるまみたいなもの)、鴨ロース。
    前菜
    子供も喜びそう。

    名物の奥多摩サーモン あしらい一式。
    造里

    別注の利き酒。
    飲み比べ
    全般的に辛口。
    清酒が売れない時代は、甘口が多かったですね。

    湯葉ステーキ。
    蒸物?

    蒸物。
    椀物

    御食事です。
    食事

    水菓子。
    水菓子

    内容的には文句ないです。
    駅から近いですが、飲まないドライバーがいてくれれば、最高ですね。

    次回、やはり飲まないドライバー同伴なら天国の料理屋を紹介します。

    軽く豆腐料理だけ食べたい時は、「豆らく」。
    こちらも比較的軽く、昼食のみの店「いもうとや」等も近くにあります。
    バーベキュー場もある。

    #ままごと屋
    東京都青梅市沢井2-748
    TEL.0428-78-9523
    営業時間|11:00〜17:00(最終受付|15:00)
     お問合せ窓口営業時間|8:00〜17:00
    定休日 月曜(祝日の場合は火曜)、年末年始、その他臨時休業あり
    JR沢井駅から徒歩5分。
    地図
    日本酒好きにはたまらない度:★★★★★
     

    うかい竹亭

    • 2016.03.31 Thursday
    • 13:00
     八王子が誇る、うかいグループの食事処。
    ミシュランの星を取ったという銀座「うかい亭」、かつて星を取った芝「とうふ屋うかい」など、とうふの八王子店では星を取ってないようですが、やはり東京西部は自然と融合している稀有な料理屋があるで、私は気に入っています。

    最高峰の「うかい鳥山」の隣にある、懐石料理中心の、うかい竹亭を紹介します。
    近くの高尾山が、ミシュラン三ツ星ですがね。

    鳥山ほど敷地は広くないですが、高級料亭を思わせる風情があります。京都よりも日本らしい(リンク先にクーポン券あり)といわれることがあると。
    予約が基本だと思います。
    ここがフロントで、お土産なども売っている。車が見える方の、左奥が入り口。
    フロント
    案内の女性の後を歩きます。
    入り口
    門をくぐるとこんな感じ。
    門の中
    岩清水と立札がありますが?この角度では流れる清水が見えません。

    お地蔵さん。願い事をかなえてくれると。水は自然の口にできるものだろうか。
    お地蔵さん
     席が近づいてきたかな。ちょっと歩くのも楽しくてワクワクします。
    橋
    庭園
    通り道
    日本庭園内に大小の建物があります。
    今日はここのようです。
    建物

    早めに予約したので、個室でした。
    席
    庭の眺めはこんな感じ。
    部屋からの眺め

    料理は、朴葉焼懐石。せっかくですからやはりコースですよね。メニューはこちらで。
    先付けの豆富(滝川とうふ?)です。
    真夏でしたが、細かい内容は忘れました。
    先付け
    食べたらところてんみたいな食感でした。

    前菜。見た目も大事ですな。
    前菜

    椀物。鱧です。器もきれい。味ももちろん間違いなし。
    椀物

    造里。本日のお魚。
    造里
    味は良好でしたが内容は普通ですね。

    焼物。鮎の塩焼きです。
    焼物

    これがメインの朴葉焼。内容は和牛。
    朴葉焼
    飛騨地方などの朴葉味噌が有名ですが。
    ホオノキの葉は、殺菌作用があり、比較的火に強いと。
    樹皮は厚朴という生薬になる。

    こちらは追加注文の造り。私の好きなサザエなど。
    刺身の盛り合わせ

    食事はひつまぶしだったかな。名古屋の名物だったんですね。
    食事

    水菓子は、黒蜜で食べる葛切り
    はもちろん葛根湯の原料になる生薬。
    水菓子

    値段はそれなりですが、うかいで期待を裏切られたことは全くないです。日本人でよかった。ピース
    ちなみに、京王高尾山口駅前に温泉施設温泉自体がさえないらしく、食事もパッとしないと)ができて、土日は混雑しますので、車はバイパスをお勧めします。同駅から予約で無料送迎バスがあるようなのですが。

    #うかい竹亭
    〒193-0846 八王子市南浅川町2850 
    TEL 042-661-8419
    営業時間/月・火・木・金 11:30 〜 21:30 | 土 11:00 〜 21:30 | 日・祝 11:00 〜 21:00
    定休日:平日水曜日が多いようですが、オフィシャルHPをご覧ください
    地図
    優雅においしく贅沢度:★★★★★
     

    富久@八王子

    • 2016.03.29 Tuesday
    • 08:32
     南多摩周辺で、定評があるという、老舗すし屋「富久」へ行ってみました。
    JR八王子駅から北に2kmほどの目立たない場所にあり、車で行くしかありません。私一人なら、平気で歩きますが、妻を連れていたので。
    八王子の地元で人気店と。
    高級店ですが、さすがに都心と比べるとコスパがいいらしい。

    外観はひっそりとしています。
    富久
    カウンターと小さな座敷の良くある小ぶりの店。
    平日夜だったので空いていましたが、土曜の夜は早めに予約しないと無理みたい。

    通常は回転ずししか行きませんが、たまにはいいでしょう。

    大将(一人で握っている様子)は感じのいい人。美人の娘さんが手伝っています。

    お好みで、最初に頼んだのが、コハダ
    コハダ
    にぎりは比較的小さめ。

    個人店で、その時のベストの素材しか置かないので、寿司ネタの種類は多くない。
    私の好みは、イワシアジなのだが、残念でした。

    次は、サヨリ
    太刀魚
    サヨリはさっぱりしているので、普段食べないが、さすがにおいしかった。

    エンガワ(安い店はカレイ、高級店はヒラメだという)もあったようですが、私は食べない。この店なら心配ないと思いますが、糞尿で汚染された韓国産のヒラメがノーチェックで輸入されているらしい。特に回転してるのは避けたい。寄生虫の危険もあるらしい。有名店で腹痛を起こした事件もあった。

    アオリイカ。これも普段はあまり食べない。
    イカ
    イカそうめんみたいに口の中でほぐれて、絶品でした。

    ノドグロ。普段あまり食べませんが、意外に柔らかい。
    ノドグロ
    関東人の私にはあまりなじみがない。

    イクラは大好き。プチプチとはじけるタイプ。傾けるとぽろぽろ落ちそう。知らなかったが、一般的には粘って皮が柔らかい方が多い気がするが。川へ上がってきたサケと、沖で取れたサケによる違いにだという。
    ちなみに、少し安い筋子でもよいのだが。あまり寿司ネタで見ませんね。
    イクラ
    それぞれ、握っているところを見ますと、何やら裏技も使っているみたい。
    ちなみに、山盛りのイクラ丼があれば食べてみたい。東京で食べるとイクラ丼というよりイクラが一応のってるチラシ丼になってしまう。
    出張時、札幌でイクラ丼を食べたときは本物で安かったです。やはり北の大地のイクラは違うようです。

    そういえば、子供にも人気なサーモンは高級店では見ませんね。日本の生サケ輸入の90%はノルウェー産で、汚染がひどいらしい。

    赤貝。私は歯ごたえが良いのが好みで、本当は、貝類ではサザエの刺身が一番だと思っている。
    赤貝

    妻が頼んだウニ
    ウニ
    私もウニはおいしいと思うのだが、食べない。
    なぜか軽いトラウマがあり、私が子供のころ薬店で販売されていた、「ミカロン」というふけ取りシャンプーがあった。
    ウニみたいな色をして、においが強烈であったのです。

    マダイ。さっぱりしていますが、やはり縁起もよいし。
    のどぐろ

    大将のおすすめでイカを別の味付け(ポン酢)で食べてみました。
    イカ
    もちろんおいしい。

    タコの食べ方は、アナゴツメ、もう一つは塩だったかな。
    タコ
    ちなみに江戸っ子ですが、アナゴやシャコは苦手。

    中トロ。これも普段は食べないが、試してみました。栄養はありますが、の様な大型魚は、食物連鎖の関係で、汚染物質が蓄積されているという気がするので。
    中トロ
    文句ありません。厚生省は金目鯛を食べすぎるなといったようですが、食べる量の問題ですが、鮪の方が?
    環境的にも、食物連鎖下位の食べ物の方がいいらしいですが。 
    食べすぎず、バランスの良いミネラルを取ればよいという。

    私のシメは、いつもうめしそ巻
    梅シソ巻
    転勤で関西にいたときは、なぜか目にしなかった。まさか中国地方が発祥とは。
    紫蘇は当然漢方にも使用される生薬で、蘇葉と呼ばれ、魚貝類の食中毒に有効。
    梅の方は、生薬として未熟な果実を加工した烏梅があるが、江戸時代から伝わる日本の民間療法では梅肉膏(梅肉エキス)が有名。梅や梅干しには含まれない成分のムメフラールが話題になってますね。
    昔の人は偉かったなあ。

    生ビールも4杯ほど飲み、大食いの私と妻で約¥30,000でした。すし

     富久
    ジャンル:寿司屋
    アクセス:JR中央本線(東京-塩尻)八王子駅北口 徒歩26分
    住所:〒192-0041 東京都八王子市中野上町1-11-5 スペースE 1F(地図
    周辺のお店:ぐるなびぐるなび 八王子×寿司
    来訪日:2016年3月28日

    定休日:日曜祭日
    営業時間:18:00〜23:00
    夜10時以降入店可
    カード可
    地図
    駐車場有
    高級寿司を食べたい時行く度:★★★★★

     

    町田のさくら

    • 2016.03.26 Saturday
    • 07:33
     町田街道は渋滞しているという印象が強いですが、混んでなければ比較的好きな道。
    町田市はかつて神奈川県でしたが、地理的にも神奈川に食い込んでいて、縁がない人には、相模原市と区別がつかない。
    どちらも、適度な自然に恵まれていますね。特に緑区は好きです。あまり行ったことはありませんが、前者の方がなぜかイメージが良い。
    八王子あたりから国道16号線を南下(南東へ)していると、ひたすら相模原市が続くのですが、東名高速のICが近づくと、突然町田市になるので怪訝な思いをしたことがあります。

    ところで、その町田街道を車で走りますと、いきなり立派な門構えの和食屋さん、日本料理「さ蔵」を目にしました。
    駐車場もかなり広い。

    平日のランチに訪れました。
    門構え
    夜にはさらに雰囲気が増しそう。
    右端に見えるのが町田街道。

    ランチだったので、カジュアルな様相の大部屋。純和風というよりも、天井が古民家的でしたが、店員さんはきれいな若い女性でとても丁寧。かなり高級な部屋もあるようです。
    店内

    健康オタク夫婦なので、アンチエイジングコース¥3340。薬膳のように、効能等が書かれていました。
    お品書き
    以下、括弧内は、献立に記載されていた食材の効能。

    先付け。水菜、舞茸(成人病予防、高血圧の改善)、菊花浸し、むかご真丈(疲労回復、貧血防止)、栗豆腐(Vit.Cが豊富)。
    先付け

    御造り。鮪(血液サラサラ、肝機能強化、血圧を下げる)、酢橘のドレッシング、スプラウト。
    御造り
    店によっては洋皿と呼ぶのでしょうか。

    椀物。豆乳(高血圧、心筋梗塞予防)と九条ネギのポタージュスープ。
    椀物

    肉皿。牛フィレステーキ(内臓免疫向上、貧血改善、味覚機能維持改善)。
    肉皿
    器も立派です。

    蒸物。馬鈴薯饅頭(風邪の予防、疲労回復)、銀箔掛け。
    蒸物
    銀箔に関しては、東洋医学的には、鎮静・鎮痙作用があり、子供の熱性けいれんの適応になるようです。支那漢方では、丸薬の衣にしたりする。

    油物。海老紫蘇(精神安定、神経痛、動脈硬化)巻き揚げ、鱧、椎茸、青唐。
    油物
    椎茸しし唐も、結構栄養があると思うが。

    食事。じゃこ(頭の働きUP、更年期障害)と木の子の雑炊。さらに香の物。
    食事
    食材の効能書きは、オタクの私に言わせるとやや稚拙。

    最後のデザート(低脂肪、低カロリー自家製ヨーグルトアイス、脂肪分役1/5、カロリー1/2、空気含有量70%の軽いジェラート)は写真がありません。

    献立の最後には、横浜クリニック院長青木Drの提唱するアンチエイジング食材選び合言葉「孫子(そんしではない)は優しいよ」の解説入り。

    ある程度経済的に余裕ができた主婦などは、美容と健康にということで、自然・健康食類を好む傾向があるということなのでしょうか。

    味も雰囲気も良好。
    次回は別のメニューも試してみたいです。食事

    帰りの際は、車が街道へ出るまで、女性店員さんが深々とお辞儀をしていました。おじぎ

    #さ蔵
    東京都町田市常磐町3331
    Tel.042-798-2020
    営業時間
    平日:11:00〜15:00(14:00 LO)
    17:30〜22:00(21:00 LO)
    土・日・祭日:11:00〜22:00(21:00 LO)
    定休日:2014年4月〜水曜定休となります
    5名以上は送迎サービスあり。
    駐車場60台分
    地図
    そつなくおいしく気分よく度:★★★★★
     

    無門庵

    • 2016.03.24 Thursday
    • 07:10

     十何年か前に、たまたま通りがかって入り、最近突然思い出してまた訪れた、JR西国立駅近くの料理屋、日本料理・懐石料理「無門庵」を紹介します。

    本格的な懐石料理だけでなく、地ビールの製造販売もしているんです。
    さらに驚くべきは、かつては名旅館で、戦時中に神風特攻隊として出陣する兵隊さんたちに、せめて最後の夜を穏やかに過ごしていただけるように、もてなしていたという。

    反日左翼どもが何を言おうと、特攻隊をはじめとして英霊を尊敬できないのは日本人ではない。本拠地のあったフィリピンでも英雄
    他のために自分の命をささげられますか?特攻隊の戦果はいろいろ意見があるでしょうが、少なくとも物資が枯渇していた日本では、神風特攻隊犬死ではないインパール作戦が無駄ではなかったようにね(ともに戦ったインドも理解してくれている)。
    各地の原住民に対して略奪を繰り返してきた欧米列強のアジア侵略から、大東亜共栄圏の代表として無理と知りつつ戦ったのが、かつての大東亜戦争。そしてアメリカは原爆投下という大虐殺を行い、逆に日本を東京裁判で裁いた。(欧米による侵略・略奪は、すでに大航海時代に始まっている。アメリカ大陸のコロンブスらが行った行為がある。犬を連れたキリスト教徒が、現地人の赤ん坊を取り上げ、連れていた犬のえさにしたという話を読んだこともある。清水馨八郎箸「侵略の世界史」だったかな)
    しかし、恩を仇で返す、支那朝鮮人(差別語ではない)、および植民地を失って利権を奪われた、ヨーロッパ諸国等と比べ、大戦によって直接解放されたアジア諸国は圧倒的に発言力が弱い。
    ましてや、本国日本は、反日売国奴が大手をふるっているという異常な国。皆さん気が付かないかもしれませんが、日本は反日国家なんですね。
    こんな状況では、どうしても正反対の悪者にされがちです。


    そういえば、特攻隊員も、「散る桜〜」を遺書に書いていたなあ。うれし泣き

    前書きが長すぎましたが。無門庵に行きましょう。

    入り口前には、同じ経営のビアホール「ファクトリーカミカゼ」があります。1Fがビール工場らしい。出来立てのビールは最高です。

    後の夏に訪れ、記事にしましたが。
    ビヤホール
    カミカゼビールと、たけくらべビールの二種があるが、ラベルが違うだけ。
    地ビールクラフトビール)は個性的で、私は好むが、何でもいいわけではない。メーカーは200か所位あるそうですが、ここのように酵母が生きているタイプが、健康的で栄養があるのだ。もちろん飲みすぎはダメ。
    クラフトビール一般の通販もある。
    他の料理屋のためにOEMでラベルの張り替えもしている。

    こちらが無門庵の玄関。
    門構え
    高級料亭といった感じ。

    店内に入ると、それほど堅苦しくはありません。こちらは新館だったかな。
    店内
    本館と比べてカジュアルなようです。

    なんといってもまず地ビール(生)。二種あるうちの、これはアンバーエール
    地ビール
    妻よ、帰りの運転をいつもありがとう!

    OEMでほかの店のビール(後に記事にしますが、確か小澤酒造のままごと屋にあったような)も作っているようです。

    料理ですが、予約は席だけだったようです。

    これは妻のコース「夕月」?。
    料理2
    下手な写真でごめん。
    料理1
    またしてもピンボケ。上の写真右隅のと同じ。

    私のはたぶん、「懐石弁当」
    料理3

    デザートです。
    デザート

    私はコーヒーは全く分からない。以下は妻の分。
    コーヒー
    缶入りのポリフェノール2倍(伊藤園)とか、滋養強壮の生薬入りパワードコーヒー(KOWA)は毎日飲んでるが。

    食事は文句ありません。珍しいビールも飲めるし。グッド

    一度ぜひ、ビアホールにも行ってみたいです。ビール


    #無門庵
    東京都立川市錦町1-24-26
    TEL:042-529-2323
    年中無休
    営業時間:11:00〜15:00(LO 14:00)/17:00〜22:00(LO 21:00)
    ※営業時間外のご利用の場合は、ご相談下さいませ。
    地図
    英霊のご加護の下、おいしく食べられる度:★★★★★
     

    続きを読む >>

    花あそび@奥多摩

    • 2016.03.23 Wednesday
    • 12:12
    JUGEMテーマ:気になるご飯やさん
     料理屋を紹介するブロガーは多いが、なぜかめったに記事にならない本当の隠れ家が、奥多摩の大丹波手前にある、会席料理の奥多摩/お食事「花あそび」。奥の大丹波には、僻地の人気釜飯屋があるのに。
    2年ほど前に訪れたのですが、写真を一部撮り忘れていたので、紹介が遅れました。

    人気店へ行く途中の道に、こんな謎の看板が出ているのを見たことがある人もいるはず。
    看板

    最初はこんな道に入るの?と思いましたが、3ナンバーの車でも問題ない。

    JR青梅線の川井駅からは徒歩10分だが、丘の上。
    入り口
    下にはすぐ線路が見えます。

    いい雰囲気でしょ?
    玄関

    小さな純和風旅館といった感じ。
    窓からの眺め

    確かに平安時代の雰囲気ですね。

    この時は4月中旬でしたが、まだ外には桜が咲いていました。
    席

    完全予約制で、メニューは¥3780(しゃが)、5180(みずひき)、6000(つゆ草)の会席料理3種のみ。
    このときは「みずひき」だったかな。
    料理
    写真は前菜でおしまい。
    後は撮り忘れました。

    以下は拾いものの写真。

    華やいでいて、京風会席料理というものでしょうか。

    客室数は、個室(10帖間)3室、中部屋(20帖間)1室、大部屋(40帖間)1室

    優雅な雰囲気で、味も良いのでまた訪れて、写真を追加します。おじぎ

    オフィシャルHPもなく、ろくに宣伝せずどうして経営が成り立つのでしょうか。?

    #花あそび
    東京都西多摩郡奥多摩町川井500
    Tel.0428-85-2353
    営業時間:午前11時〜午後8時頃まで
    定休日:原則として月曜日(祭日の場合はその翌日)
    完全予約制なので、前日までに連絡を
    駐車場は十分あり
    地図
    僻地で優雅にお食事度:★★★★✩

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728    
    << February 2017 >>

    楽天はあなたのお好みを表示します

    アンケートに答えて、0円で手に入るお得な情報

    Amason パソコン・周辺機器

    MicroAd

    宿の予約で、ポイント貯まります

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    南京の実相―国際連盟は「南京2万人虐殺」すら認めなかった
    南京の実相―国際連盟は「南京2万人虐殺」すら認めなかった (JUGEMレビュー »)
    日本の前途と歴史教育を考える議員の会
    決定版です。誰も反論できないでしょう

    recommend

    マンガ日狂組の教室−学校が危ない!! (晋遊舎ムック)
    マンガ日狂組の教室−学校が危ない!! (晋遊舎ムック) (JUGEMレビュー »)
    大和 撫吉
    たとえ子供がいなくても、日本の癌は絶対に許せません

    recommend

    recommend

    森修焼 旨陶マグカップ
    森修焼 旨陶マグカップ (JUGEMレビュー »)

    普通の陶器が健康に悪いって知ってました?上薬に重金属を使ってます。しかしこの森修焼は逆に健康にいいんです。食物の味もよくなります。

    recommend

    シャワーヘッド ウォーターセラピー《素粒水(記憶水)》【ポイント10倍+選べるプレゼント】 ご希望のサンプルプレゼント中!
    シャワーヘッド ウォーターセラピー《素粒水(記憶水)》【ポイント10倍+選べるプレゼント】 ご希望のサンプルプレゼント中! (JUGEMレビュー »)
    どうせならお風呂の水も、シャワーの水も最高のにしましょう。風呂場などで、蒸気の塩素を吸うと、飲むより有害なのですよ。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM