スポンサーサイト

  • 2018.05.31 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    東京の京懐石

    • 2017.07.08 Saturday
    • 08:40

    JUGEMテーマ:旬の味覚

     

    初夏に京懐石料理を東京で食べてきました。

    東京といっても、西の果てにある八王子。

     

    中央高速道路、八王子ICのすぐ脇にある、懐石「鶯啼庵(おうていあん)」です。

     

    ここを訪れるのは三回目ほどですが、前回から何年かたっていて久しぶりでした。

     

    本格的な京懐石で、混んでなければ予約無しでも可能だそうです(さすがに日祭日は混んでいて、予約が取れないことがあります)。HPからも予約できます。

    今回は平日の昼間に予約していきました。空いている状況で写真を撮りまくりたかったので。

     

    「鶯啼」の二文字は、唐の詩人杜牧の、春を詠った叙事詩『江南の春』一節から採ったと。

     

    そういえば関係ないが、甲斐の銘酒「春鶯囀」というのもありますね。

     

    ちなみに、鶯は鶯色では無いと。

    次回食べに行ったら、仲居さんに言ってみよう。

     

    日本料理は奥深いものだと思いますが、懐石料理と、会席料理の違いもよく分かりません。全く違うというのですが、一通り説明を読んでも、実際に食べる頃には忘れてしまう。

     

    懐石の方は、茶の湯や禅寺に由来するとのことで、茶をおいしく飲むための料理だという。伝統的な有名店は、やはり京や大坂の方にあるようです。ミシェラン三つ星の有名店「瓢亭」にも一生に一度は行ってみたいですが。

    懐石の略式が松花堂弁当だと。これならどこでも食べられますね。

    茶の湯や禅寺には縁が無いですが、生臭物も通常出てきますね。それをしっかり除くと、精進料理になるのか。

    本来の懐石は茶懐石というらしく、茶が主なので比較的軽食のようです。

     

    会席料理の方は、本膳料理を簡略化したり、懐石をアレンジして発達したもので、酒を楽しむことに主眼があるという。今時は懐石料理でも普通にアルコール類は飲むと思います。

    本膳〜とは名は聞きますが、実際に経験するのはまれと思われます。

     

    明治以降は肉料理が普及していき、曖昧になり、よほど一部の老舗以外は、詳細を気にしても仕方ないのか。

     

    それにしても、これらのコース料理を食べると、普段耳にしない、「先付」、「八寸」、「向付」、「お凌ぎ」といった言葉は気になります。「焼物」や「揚物」ならまだ分かりやすいのですが。一応こちらのサイトも参考になります。

    「先付」と「前菜」の区別もよく分からん。

     

    料理が運ばれてきて、「八寸でございます・・」云々と料理内容の説明をされたりするが、小心者の私は緊張してしまい、仲居さんが出て行くまでは落ち着いて食べられない。スマホで料理の写真を撮ったりで、忙しいせいもありますが。

     

    前書きが長くなりましたが、今回の京懐石は、京式が日本料理の本流ということで、十分優雅な気分を味わえました。

     

    車で訪れました。

    国道16号線からは、八王子ICの入り口の脇を入って行く必要があるので、うっかりすると誤って、中央高速道の方に行ってしまいますので注意。

    堂々とした入り口です。

     

    車で玄関に到着しますと、すでにスタッフが待ち構えていて、深々とお辞儀をしています。入り口にセンサーが付いているのでしょう。この日は雨で傘を差してくれました。

    感動と緊張感が生じます。

    予約時間(昼の開始時間)より早かったので、すぐ脇の駐車場に停車。

     

    フロントは純和風旅館といった雰囲気。

     

     

    開始時間まではすぐ隣の待合所へ。

     

    抹茶とお菓子が出ました。無料のこれがすでにおいしい。

     

    その後仲居さんの後について、個室に向かいました。ここで靴を脱いで上がります。

    スリッパ無しで歩きますので、夏でも素足だとかっこわるい。

     

    個室は二階。

     

    女房を先に行かせ、私はまず写真撮影。

    ちなみに転勤で、和歌山県南部にいた頃、職場で妻を「女房」と言ったところ、そんな呼び方聞いたこと無いといわれましたが。

    「かみさん」はともかく、「うちの嫁が〜」というのは、関西風な感じがして、私は使わない。

    しかし館内はかなり広いので、やはり途中で引き返しました。

     

    自分の部屋をしっかり確認してなかったので、危うく迷うところでした。

     

    各個室入り口のふすまもそれぞれ異なってます。

     

    これがその個室のひとつ。使用料は無料なんです。

    自慢の中庭の眺めも最高です。

    金曜と土曜の夕18時からは、向こうの東屋で、着物の女性による琴の演奏があります。スピーカーで館内に音色が流れていたと記憶してます。

     

    この夏頂いた料理の説明書き。2ヶ月ほどで内容が変わるようです。

    私のが、京懐石、月コース;¥7000.

     

    妻のが、京懐石、雪コース;¥5000.

     

    こちらはお酒類のメニュー。ワインの種類が多い。

     

    食前酒代わりの梅ジュースだったか。

     

    もちろん私は最初に生ビール。ビール

     

    これは月コースの先付。

     

    八寸の内容は、月と雪共通。

     

    月組の向付(お造り)。

    雪組のお造り。

    皿だけでなく、内容も異なります。

     

    煮物椀。月と雪と共通。

     

    月と雪共通の焼き物。

     

    月と雪共通の旬菜。茄子の下には、右が鶏肉で、左は粟麩

     

    月組のお凌ぎ。長芋のそうめんに土佐酢ジェレ、蛸、じゅん菜等。

     

    雪のお凌ぎ。魚そうめん美味出汁、じゅん菜。黄色いのは麩だったかな?

     

    御食事は、百合根ご飯など。

    ご飯の蓋に書かれている「高山寺」とは、鳥獣戯画で有名だったんですね。

     

    水菓子は自家製ブランマンジェ。笹巻くず餅クリーム射込みは、月組のみ。

     

    味はどれも繊細で最高でした。うかい竹亭に匹敵します。グッド

    うかいの方は京風でも、雅びではなく、どちらかというと、わび・さびの世界ですね。

     

    鶯啼庵の社長は、最近二代目になったとのことで、さらに京の風情を徹底して追求し、自らお茶や書などの腕も磨いているらしい。

     

    眠気覚ましのコーヒーはいただいて、水菓子は妻に譲り、館内を探検に出かけました!

    見苦しい写真ですみません。

     

    掃除や管理も大変でしょうね。

     

    社長が書いたのでしょうか。

     

    こちらは大部屋か。

     

     

    サンダルを履いて、新館(全フロアバリアフリー)の方ものぞいてみました。

     

     

     

    大広間。

     

     

    新館からは、別の滝が近くに見えます。

     

    そろそろ部屋に戻って、会計を済ませましょう。

     

    会計を済ませたら、庭園を散策することにします。

     

     

    庭園入り口を係の人が案内してくれました。この時は記念写真も撮ってもらえました。約3000坪の面積を誇る日本庭園と。

    幸いなことに小雨も上がっていました。

     

    年配の方でも、歩くのにちょうど良い距離ですが、足下には当然注意。

     

    滝の流れが見事です。

     

    水琴窟の音は確認できず。

     

    東屋の近くに来ました。

     

     

     

    裏口でしょうか。

     

     

    少し高い場所まで来ました。

     

     

    当然鹿はいません。

     

     

    滝のところに戻りました。

     

    この先へ行くと遭難の危険があるとでもいうのだろうか。

    夕食も風情があるでしょうね。食事

     

    帰りには、高級ステーキ店の「うかい亭(八王子)」の脇を通って帰りました。入ったことありませんが。

     

    #懐石料理 鶯啼庵(おうていあん)
    〒192-0025
    東京都八王子市尾崎町129
     TEL 042-691-5500 FAX 042-691-5513

    ■営業時間
    11:00〜22:00(受付は20:00まで)
    ■駐車場 80台
    ■交通
     八王子ICそば JR八王子駅より車で20分
    ■ご予約
     完全予約制ではございませんのでお気軽にどうぞ
     お客様のご趣旨にあわせて大小個室をご用意
    させて頂きます。また、苦手な食材などござい
     ましたらなんなりとお申し付けくださいませ。

    地図

    水曜日定休(4月・11月・12月無休)年末年始休業

     

    東京で雅びの世界を味わえ尽くせる度:★★★★★

     

    晩秋の終わり、ちょうど紅葉紅葉が綺麗な時期にも訪れました。

     

    今回は初めての新館(バリアフリー対応)。エレベーターで上り、靴を脱ぎません。

     

    敷物の紙が季節で変わるのが楽しいです。

     

    部屋からこんなに綺麗な紅葉が眺められます。最高ですね。紅葉

    窓ガラスも非常に綺麗に磨かれている。

     

    今回私の分は、前回より高い京懐石コース「花 9,000円」にしてみました。

     

    右下が先付けで、左奥が八寸。

    初っぱなからフォアグラ玉〆トリュフあん掛けという贅沢。

    八寸のカモの器がかわいい。中の料理は鮟肝雲丹乗せ。他に焼きからすみ蟹味噌松風、冬牡蠣の鞍馬煮福紗玉子、旬の肴。

     

    向附;旬の鮮魚のお造り、季節のあしらいを添えて。箸置きの鶯もこれまたかわゆい。

    刺身のアップ。

    エビは嫌いなので妻にあげました。

     

    煮物椀;帆立真丈金目鯛薄氷大根うぐいす菜柚子かぼすやすだちとの違いはこちら)。香りも出汁も最高。

    本当はビールが好きなので、汁物は遅めに出して欲しいのですが。

    もちろん箸は常に持参。いくら高級店でも、支那産の割り箸かもしれません。支那産の場合、漂白剤として有毒薬物を使用しているらしい。日本の間伐材使用なら問題ないのですが。

     

    焼物;寒鰤と大根の照り焼き 季節のあしらい。

    たれが繊細なおいしさで甘すぎない。

     

    手前のお凌ぎは、雲子の天ぷら 小葱添えて。白子は苦手なのですが、分からず美味しく食べてしまった。

    奥の鉢物は特選和牛と寒鰤の合わせしゃぶしゃぶ、冬野菜ちり酢

     

    御食事;ずわい蟹の土鍋ご飯、香の物、赤出汁。

    それまで少し量が足りないかと思いましたが、これで満腹になりました。

     

    水菓子;丸十練り込みプディング、りんごコンポートサバイヨンソース掛け。

    日本料理の世界では、島津氏の旗印からサツマイモを丸十と呼ぶと。

    江戸っ子の私としては、戊辰の敵ですが。江戸総攻撃されていたら、自分はおそらくこの世にいない。はてな

     

    食後はやはり庭の散歩へ。

     

     

    すぐ近くに中央高速道の八王子ICがあるのですが、本当に別世界です。紅葉

     

     

     

     

     

    スポンサーサイト

    • 2018.05.31 Thursday
    • 08:40
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << July 2018 >>

      楽天はあなたのお好みを表示します

      アンケートに答えて、0円で手に入るお得な情報

      Amason パソコン・周辺機器

      MicroAd

      宿の予約で、ポイント貯まります

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      南京の実相―国際連盟は「南京2万人虐殺」すら認めなかった
      南京の実相―国際連盟は「南京2万人虐殺」すら認めなかった (JUGEMレビュー »)
      日本の前途と歴史教育を考える議員の会
      決定版です。誰も反論できないでしょう

      recommend

      マンガ日狂組の教室−学校が危ない!! (晋遊舎ムック)
      マンガ日狂組の教室−学校が危ない!! (晋遊舎ムック) (JUGEMレビュー »)
      大和 撫吉
      たとえ子供がいなくても、日本の癌は絶対に許せません

      recommend

      recommend

      森修焼 旨陶マグカップ
      森修焼 旨陶マグカップ (JUGEMレビュー »)

      普通の陶器が健康に悪いって知ってました?上薬に重金属を使ってます。しかしこの森修焼は逆に健康にいいんです。食物の味もよくなります。

      recommend

      シャワーヘッド ウォーターセラピー《素粒水(記憶水)》【ポイント10倍+選べるプレゼント】 ご希望のサンプルプレゼント中!
      シャワーヘッド ウォーターセラピー《素粒水(記憶水)》【ポイント10倍+選べるプレゼント】 ご希望のサンプルプレゼント中! (JUGEMレビュー »)
      どうせならお風呂の水も、シャワーの水も最高のにしましょう。風呂場などで、蒸気の塩素を吸うと、飲むより有害なのですよ。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM