スポンサーサイト

  • 2018.08.15 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    支那という癌細胞―その処方箋

    • 2013.04.12 Friday
    • 11:35
    評価:
    林 建良
    並木書房
    ¥ 1,575
    (2012-12-18)
    コメント:台湾人医師が提言する5つの処方箋。

    評価:
    三橋 貴明
    ワック
    ¥ 980
    (2013-03-19)
    コメント:支那進出の企業も、暴動でいい加減リスクに気付いたと思いますが、最良なのは縁を切ることです。

    JUGEMテーマ:気になる書籍

     支那という国は本当に迷惑な存在だ。

    毒食品をばらまく。食べたくなくても、大量に日本にも輸入されているぞ。国産と書かれても安心できないのか?書かれてなかったらまず支那産。
    周辺国を侵略したり、弾圧虐殺したりする。
    未だに人肉を味わって食べる野蛮人!
    現政府は、無実の自国民さえ1億人虐殺したというから、外人を殺すのは屁とも思わないのだろう。
    環境汚染が最悪で、日本に来るのは黄砂程度だと思ったら、なにやらPM2.5等という恐ろしげな汚染物質まで飛ばしてきやがる。支那大陸だけが腐海に沈むなら自業自得で万々歳だったのに。
    実際大気汚染はアメリカまで影響していると。
    支那の水質汚染は日本の海にまで及んでいるというぞ。
    環境汚染のシンボル「三峡ダム」は大問題だという。何時決壊するか分からん。
    何でもパクるし。
    マナーが最低で、世界中で迷惑をかけてるらしい。
    日本の支那マフィアは凶暴で、ヤクザの耳を包丁で切り落としたと。
    世界中で犯罪を犯しているのだ。支那という癌は罪を犯してはいけないという自制は存在しない。「できるか」「できないか」だけなのだ。捕まらなければどんな悪事でも平気。
    不良品を作り続け、何でも爆発するらしいが、日本にも入ってきやしないか。
    南京事件だけで無く、戦前に日本が支那に迷惑をかけたというのは嘘らしいぞ。
    (本来してやる義理は無いのだが)日本のODA等で10兆円もせしめてるくせに、国民に知らせず、感謝もせず、その金で130基以上の核ミサイルを造って、日本に標準を合わせるんだと!
    「日本を“解放”し、世界侵略の先兵にする」と企んでるらしいぞ!
    もう静かに宣戦布告したそうじゃないか!!

    支那の脅威がすぐそこに迫ってるということは、ネットが普及した今時では、情報弱者以外にはかなり周知されてきた。

    まさに地球の癌細胞という名にふさわしい悪の帝国支那に対する処方箋として、台湾の医師が書いたのが上記の「中国ガン」という書籍。
    これを読んでまとめてみました。

    最早すぐにでも具体的な手を打たざるを得ない時期を迎えました!!

     なぜ支那は癌なのか?
    癌細胞は無秩序に、無制限に増殖し、周囲の機能を圧迫する。
    支那人に譲り合いの精神は無い。以前も書いたが、自分だけ良ければ良いどころか、自分だけ生き残って、他の奴らは死ね、というのが支那人の正確なメンタリティー。
    「俺の物は俺の物、おまえの物も俺の物」であって、尖閣諸島沖縄も虎視眈々と狙っている。
    最近発見された南鳥島周辺の膨大なレアアースも、支那の物だと言ってるらしい。

    もちろん現実問題として支那人の人口は爆発している。世界に散らばり、増殖し、各地で秩序を破壊している嫌われ者だ。
    支那人のせいで深刻な状況に至ってる国も多い。アジアだけでなく、ヨーロッパも例外では無い。ドイツ人もビックリ。その後は支那人排除に必死だ。支那人移民の制限を始めた国も多い。
    ロシアではチャイナタウンが出来ないように必死に頑張っている。
    ニュー人ランドでも支那人排斥運動が起きている。もちろん酷い目に会ってきたからです。
    イタリアでは排斥されて、下水道に住んでる支那人もいる。
    その他世界中で支那人排斥運動は起きている。
    支那人に対する世界的な反感は今に始まったことではないが。

    もちろん朝鮮人も世界中で嫌われている。

    日本でも先に示した大阪や京都だけで無く、北海道新潟埼玉千葉でもこの有様東京の池袋も大変なことになっている。
    日本も早く支那人を追い出さないと手遅れになる。

    支那人かな、と思ったら一一〇番平成12年に警視庁地域部が東京都内各署に配った防犯チラシのキャッチフレーズ

    基本的に世界中で移民政策は失敗している。特に支那人がきたらもう終わりだ。

    癌は増殖し続け、遠隔転移し、最終的には宿主を滅ぼし、自滅する。

    毒食品をばらまいたり、移住する(その地域住民に迷惑をかける)のも転移に当たるが、世界の資源を略奪したり、自分が虐殺するだけで無く、独裁国家の虐殺を支援もする。
    ダルフール大虐殺が世界では有名だが、日本のマスゴミは無視している。

    世界に建設される「孔子学院」も、転移の一種。孔子の仮面をかぶった癌は、世界でスパイ・洗脳・破壊活動をしている。
    もちろん日本の脳内にも転移している。立命館大その他、日本には17カ所もある。

    大阪産業大学内にも孔子学院が巣くっている。
    同大の理事は、奴らのスパイ活動を批判し、同学院は経営合理化も有り、廃止しようとした。しかし支那留学生の抗議、支那政府の圧力で、その理事は謝罪を強要され、懲戒解雇となった。

    元来孔子自体が人食い疑惑が拭えないことはすでに書いたが、孔子学院の本来の目的というのは、国策宣伝、大学の思想や言論のコントロール、スパイ活動の拠点としての情報収集である。詐欺師は必ず仮面をかぶっている。

    アメリカのメディアではいち早く警鐘を鳴らしている。

    支那人留学生はまずスパイだと見た方が良い。
    しかも、不正行為が多く、「偽大学が本当に発行した学位」、「本当の大学が不正発行した学位」、「大学も学位も本物だが中身が別人」、「本物の大学の学位を偽論文で所得した」のような連中ばかりであるという。
    有名大学には、少しは優秀な学生が来るだろうが。

    支那は全てが嘘、嘘で無いのは詐欺師だけ」という元首相が吐き捨てた有名な名言以前述べたが、卒業論文ももちろん盗作。

    少子化で経営難の大学は、積極的に支那人留学生を受け入れている。酷い大学は8割が支那人留学生。日本政府はこんな連中に多額の補助金を支援さえしている。日本の学生に回せよ!

    そして大学からスパイすることが無くなると、居なくなり、犯罪組織に身を投じるなどの金稼ぎに勤しむ。
    日本国内での支那人凶悪犯罪は後を絶たない。
    売国マスゴミにより、日本人の犯行にされてる事件もあると。(この場合、通名を名乗る朝鮮人の犯行が多いが)

    どうして支那人は基本的に皆スパイだといえるかというと、先に述べた「国防動員法」があるからだ。
    有事の際は全ての資源、人材は支那軍が管理するという内容。
    世界に転移した支那人は、普段迷惑をかけるだけで無く、”便衣兵”としての破壊活動を義務づけられる。
    もし拒否したら、大陸に残した家族は惨殺される。

    卒業論文や学位だけで無く、偽書一般は支那の伝統だという。

    支那偽書綜考」という書籍によると、驚いたことに、「周易」、「尚書」、「詩経」、「周礼」、「礼記」、「春秋佐氏伝」、「論語」、「孟子」、「墨子」、「韓非子」、「山海経」、「孫子」、「孔子家語」は全て偽書だという。本当に恐ろしい話だ。

    ともかく地球最後の日はSFではなく、現実問題となった。

    この期に及んで日本では、支那はチャンスの国なのか、リスクの国なのか議論してる輩も多い。
    売国奴か無知かのどちらかだろう。

    癌細胞は元はその人間自身の細胞なので、早期には症状が出にくい。早期診断は簡単では無い。

    支那人も見かけは人間だ。しかも顔かたちが日本人に似ていながら、中身は天と地の差。

    「チャイナウオッチャー」という医師が10人いても、9人は悪性と見抜けないようだ。「いずれ成熟する」、「今は暴れん坊だが、そのうち責任ある大国になるはず」、「日本経済は支那無しにはやっていけない」(本当は問題ないことは、上記の“日本経済は、支那がなくてもまったく心配ない”という本を読むと良い )。

    問題視しても、もう少し様子を見ようという医者もいる。

    風邪薬で癌を治そうとしてる医者も多い。

    しかし、癌であると診断が付けば、すぐに厳格な治療が必要だということが分かる。子供でもそう考えるだろう。

    支那の悪事を列挙するサイトは多いが、朝鮮と異なり、おもしろ可笑しんでばかりはいられなくなってきた。

    前記の著者が揚げた処方箋の第一は、 外科的根治術。つまり病巣の完全な切除
    これは支那人の絶滅を意味しており、出来れば理想だが、現実的では無い。
    失敗して生き残った難民が広がったら大迷惑だ。

    第二に抗がん剤などの化学療法や放射線療法
    これは副作用が強く、正常な細胞も傷つけてしまう。支那との戦争みたいなことか。

    第三は免疫療法。
    現在の医学ではあまり期待されていないが、これしか残されていないことになる。

    癌細胞を攻撃するNKリンパ球という白血球があるが、これを強化するのだ。

    支那内部に存在するNK細胞として、著者は以下の7種類をあげている。

    #1.法輪功

    #2.天安門事件の関係者と被害者

    #3.地下教会

    #4.反抗するエリート層

    #5.海外の民主運動家

    #6.香港

    #7.ウイグル・モンゴル・チベットなどの圧迫されている民族。

    #1.は支那癌が最も恐れる集団。
    本来健康気功集団であったが、急激に会員が広がるにつれて、大弾圧を受けるようになった。

    支那公安などにより不当逮捕された彼らは、虐殺されたり、生きたまま移植用の臓器を抜き取られたりさえしている。

    しかし彼らの団結力はすばらしく、海外の政治家を動かしたり、支那政府を批判する(勢い余って飛ばし記事もあるが)新聞を発行したり、日本にもインターネットサイト「大紀元日本」等がある。
    新聞はニューヨークに本社を置き、世界30カ国にグループ会社をもつ。

    TV局なら「新唐人」がある。YouTubeでもおなじみで、しっかり日本語訳もされ、興味深い。

    支那国内では政府に都合の悪いサイトへのアクセスはブロックされてるが、法輪功側が開発したソフトなどで突破できると。

    #2.は天安門事件で生まれた人々で、支那民主化運動の原動力になっている。

    この事件の鎮圧が現政権の合法的基盤になっている。
    当時の民主化運動は、通常の諸外国では合法と見なされ、激しい批判や制裁を受けた。
    つまりこの政権は世界中で非合法と見なされてることになる。軍事力・経済力のために今では表だって言えないだけだ。

    1億人の支那人(エリートが代表)がこの運動に関与し、事件の被害者はその後も迫害を受けている。

    事件をきっかけに支那を捨て、日本国籍を所得した支那ウオッチャーの石平氏等が有名。

    NK細胞「天安門の母という存在も大きい。
    「母親として天安門で殺された子供の弔いをさせて欲しい」という、もっともな言い分だ。
    「殺された真相は。だれが殺したのか。何処で殺されたのか。私の子供を殺しても良いのか。」といった訴えを、さすがに政府は無視できず、人民の怒りを買うだけ。

    代表者の丁子霖は命がけの真相調査をし、ノーベル平和賞候補に推薦された。

    #3.において、「宗教は人民の阿片」という現政府の立場から、信仰は蔑視されている。
    認可されているのは羊頭狗肉な宗教しかない。

    本物のクリスチャン等は地下教会を組織している。

    欧米のキリスト教団体はあらゆる支援を行っている。

    #4.のエリートとは官僚を含む知識人のみに限られる。

    胡錦濤の出身母体でもある、支那共産党の下部組織である支那共産党青年団の機関誌である「氷点週刊」の停刊事件というのがあった。
     

    政府の歴史捏造を指摘した論文が載ったからだ。

    政府内部にある一部の反体制派を完全には抑えきれなくなっているのだ。

    #5.はほぼ例外なく支那政府に迫害を受け、亡命生活を余儀なくされた活動家のことである。
    支那人の特性で、団結力に乏しかった。
    この弱点を乗り越えるべく、米国在住の活動家が中心となって「ネット革命宣言」を打ち出した。

    ネットの検閲を突破してアクセスする人民も増え、政府当局に大きな脅威を与えている。

    投獄されたまま、ノーベル平和賞を受賞した劉暁波氏救済を目標として、民主化運動リーダー、チベット独立運動家、ウイグル独立運動家らが集まって「オスロの誓い」で合意した。

    #6.現在支那の一部となって、「一国二制度」のもとで、「完全な自治」を有するはずの香港は、言論の自由がかなり低下している。
    それでも反体制色の強い媒体が存在する。

    元々香港人は経済にしか興味が無かったが、さすがに天安門事件以来、明日は我が身と危機感を抱くようになった。
    元々彼らは支那共産党政府に対する嫌悪が強く、支那人と自認するのは僅か17%。
    反政府デモも起きている。

    #7.今までも少し書いてきたが、チベットウイグルモンゴルなどの他民族への弾圧・民族浄化はすさまじい。

    習近平は就任演説で「支那民族の偉大さ」を強調し、事実上異民族絶滅政策の強化を宣言した。

    彼ら独立活動家は、亡命先の諸外国で支持を得、強力な「NKリンパ細胞」になり得る。

    例のアルジェリア人質事件で支那軍が関与していたといわれる。支那によるウイグル人虐殺が原因だったという。
    アルカイダ系イスラム過激派は、支那に報復宣言している。
    これだけウイグル人が弾圧されてるのだから、タリバン等もいつかは立ち上がると思ったが。

    最後に日本の役割について。

    まず日台連合は必須。

    この反日売国奴、支那朝鮮の手先が跋扈する日本において、先の本の著者は「幼稚化」(一億総白痴化)を強く憂いている。

    政治家や知識人が、お笑いタレントに迎合してくだらないTVに出演しているからだ。

    一般国民B層のレベルが低すぎるので、そうでもしないと政治に興味を持ってくれないので仕方ないのかもしれないが。

    戦前日本に統治された台湾人は、その美風を知っている。
    かつての日本には「武の精神」が脈々と受け継がれていた。著者自身も柔道の稽古をし、文部両道こそが、教育の原点と主張する。

    この点は戦後に、日本復活を恐れたGHQによって骨抜きにされたのだが。

    優等生的医者では、超悪性の支那癌は治せない。
    日本は手塚治虫の「ブラックジャック」のような医者にならなくてはいけないと。

    癌細胞を完全に殲滅することは出来ない。それではブラックジャックならどう無害化(限定的切除と広範囲な免疫療法)するか。

    支那を分裂させて無害化するべきであると。
    歴史的に、元来支那は1つの時期より、ばらばらの状態だった時期のほうがが長い。

    支那は今でも共産党という仮面をかぶった皇帝統治の国。
    しかし一党支配で中央集権が行われているのは完全ではない。
    「上に政策があれば、下には対策が有り」と言われ、地方政府は好き勝手に私腹を肥やしたりしている。もちろん中央も私腹を肥やすことしか考えてないが。

    瀋陽、北京、済南、南京、広州、成都、蘭州の7つに分けるのが自然であると。
    もちろん支那では分割案はタブーになっている。しかし、支那連邦論なら昔からあると。

    とにかく民主化、言論の自由化、人権法制定、環境問題の解決、台湾関係法制定を求めていくのだ。
    これで、内政干渉程度の反論しか出来まい。海外からの要求としては至極まっとうなものだ。

    それまで局所的な反政府暴動がいくら起きても、力で鎮圧してもみ消してきた。
    ジャスミン革命」のようなものはあまり期待できなかった。

    しかし、支那ではすでに言論統制が出来なくなっている。
    支那でもインターネットがかなり広まっている。
    金盾」という政府の管理システムが有り、都合の悪い情報は遮断され、フェイスブックもツイッターも接続できないが、国内専用の情報交換法もあり、大きな威力を発揮していると。

    また、ハッカー集団「アノニマス」が支那政府のウエブサイトに攻撃を仕掛け、政府や企業の不正行為の証拠盗み出して公表している。
    またネット検閲を突破する方法を、支那のユーザーに教えている。

    最後に日台両国が支那の民主化を要求することが、支那無害化の最も有効で実現可能な手段であると結んでいる。

    その為にはまず日本国内の反日勢力の弱体化も必要であろう。

    ネットの情報が広がり、多くの日本人は真実に気付き始めている。
    頑迷なサヨクマスゴミのように支那・朝鮮人に操られている者、情報弱者であるB層を除けば。

    日々毒食品に侵され、支那からの大気汚染に苦しめられる毎日。

    日本が支那の自治区となって地獄を味わい、世界が滅びるのが早いか、支那が崩壊するのが早いか。

    少しでも多くの人に気付いてもらいたく、私も出来ることをこつこつやるのみです。



    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    楽天はあなたのお好みを表示します

    アンケートに答えて、0円で手に入るお得な情報

    Amason パソコン・周辺機器

    MicroAd

    宿の予約で、ポイント貯まります

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    南京の実相―国際連盟は「南京2万人虐殺」すら認めなかった
    南京の実相―国際連盟は「南京2万人虐殺」すら認めなかった (JUGEMレビュー »)
    日本の前途と歴史教育を考える議員の会
    決定版です。誰も反論できないでしょう

    recommend

    マンガ日狂組の教室−学校が危ない!! (晋遊舎ムック)
    マンガ日狂組の教室−学校が危ない!! (晋遊舎ムック) (JUGEMレビュー »)
    大和 撫吉
    たとえ子供がいなくても、日本の癌は絶対に許せません

    recommend

    recommend

    森修焼 旨陶マグカップ
    森修焼 旨陶マグカップ (JUGEMレビュー »)

    普通の陶器が健康に悪いって知ってました?上薬に重金属を使ってます。しかしこの森修焼は逆に健康にいいんです。食物の味もよくなります。

    recommend

    シャワーヘッド ウォーターセラピー《素粒水(記憶水)》【ポイント10倍+選べるプレゼント】 ご希望のサンプルプレゼント中!
    シャワーヘッド ウォーターセラピー《素粒水(記憶水)》【ポイント10倍+選べるプレゼント】 ご希望のサンプルプレゼント中! (JUGEMレビュー »)
    どうせならお風呂の水も、シャワーの水も最高のにしましょう。風呂場などで、蒸気の塩素を吸うと、飲むより有害なのですよ。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM